いわちくについて

  1. HOME
  2. いわちくについて
  3. 沿革

沿革(歴史)

昭和36年2月
(株)岩手畜産公社創立
資本金1,300万円 初代社長・石田普(岩手県農林部長)
昭和36年7月
盛岡事業所開設(枝肉冷蔵庫、作業場)
昭和38年4月
久慈事業所開設
二代目社長・小池保(岩手県農地林務部長)
昭和38年5月
水沢事業所開設(昭和42年移転)
昭和41年5月
三代目社長・小関和一(岩手県信連理事、金ヶ崎町農協長) 大船渡事業所開設
昭和41年12月
埼玉県越谷市に中央事業所開設(昭和47年4月閉鎖)
昭和42年12月
中央事業所内に子会社(株)岩手畜産販売公社設立(昭和45年2月公社解散)
昭和44年5月
四代目社長・中村直(岩手県副知事)
昭和44年10月
青森販売所の設置(現青森営業所)
昭和45年10月
川徳本店に直売店開設
昭和46年12月
旧(株)岩手畜産流通センター本社事務所開設(岩手畜産公社内)
昭和47年3月
岩手県紫波町に本社工場建築着手
昭和47年9月
(株)岩手畜産公社と旧(株)岩手畜産流通センターが合併
資本金434,314千円
五代目社長・久保義雄(岩手県信連会長)
昭和47年10月
本社工場完成 本社移転(岩手県紫波町)
昭和50年5月
六代目社長・岩持静麻(岩手県農協四連会長)
昭和51年8月
仙台営業所開設
昭和53年7月
「岩手畜流会」を結成し、県内精肉小売専門店とのコミュニケーション活動を展開
昭和53年10月
公募による社章シンボルマークを設定
昭和54年3月
「総合食肉流通体系整備促進事業」施設を整備して、本社工場の増強を図り併せて盛岡事業所を移転併設して、本格的な食肉加工製造を開始
昭和55年11月
八戸営業所を開設
昭和56年6月
七代目社長・佐藤作之丞
(岩手県農協中央会、経済連理事、盛岡市農協長)
昭和57年4月
「かながわ生協」との牛肉産直取引を開始
昭和58年10月
新製品「ペッパービーフ」が、「第12回躍進いわて産業まつり特産品コンクール」で金賞を受賞
昭和59年3月
社内統一活性化対策として、T.Q.C導入
昭和59年4月
電算機を導入し、オンライン・バッチ型トータルシステムの事務処理導入
昭和61年
企業ビジュアルシンボルマークを制定し、VI(ビジュアルアイデンティティ)システムを導入
昭和62年5月
JAS優良工場表彰
昭和63年6月
八代目社長・岩持静麻(岩手県農協五連会長)
平成元年11月
食品産業優良企業として「農林水産大臣賞」受賞
平成2年2月
創業30周年式典
平成3年3月
食肉高度加工施設(味工芸工場)完成、操業開始
平成3年4月
第3次電算システム稼働
平成4年3月
西側隣地10,000m2を取得
平成4年10月
加工部を新設
平成5年4月
本社内に森の中の直売店「ジョバンニ」を開設
平成6年6月
授権資本25億円となる
平成6年6月
関連会社(有)まきばミート設立
平成6年10月
国・農業団体等の増資により、資本金1,890,700千円
平成7年3月
国産食肉産地体制整備事業により、豚部分肉処理加工施設等の整備、調理食品工場(惣菜類)完成、操業開始
平成7年10月
県内全市町村・農業団体等からの増資により、資本金2,160,700千円
平成8年3月
国産食肉産地体制整備事業により、牛肉処理加工施設完成、操業開始
平成9年4月
胆沢広域食肉処理場の経営を引継ぎ、水沢食肉処理場として稼働
平成9年9月
第7回全国和牛能力共進会肉牛の部本社工場にて開催
平成10年2月
新製品「乳酸菌発酵高原サラミ」が「第12回岩手県ふるさと食品コンクール」で最優秀賞を受賞
「優良ふるさと食品中央コンクール」で食品産業センター会長賞を受賞
平成10年4月
第4次電算システム稼働
平成10年12月
水沢工場新築、操業開始
平成10年6月
授権資本30億円となる
平成11年7月
九代目社長・瀬川理右エ門(岩手県農協五連会長)
平成12年2月
特定加熱食肉製品につき調理食品工場が、総合衛生管理製造過程(HACCP)の承認を受ける
平成12年3月
第一食肉処理場完成
平成12年10月
県内市町村・農業団体からの増資により、資本金2,411,210千円
平成13年10月
県内市町村・農業団体からの増資により、資本金2,658,720千円
平成13年12月
岩手県からの増資により、資本金2,695,650千円
平成14年3月
第二食肉処理場完成
平成14年4月
ISO9001認証取得
平成14年11月
農業団体・県内市町村から増資により、資本金2,880,340千円
平成15年3月
牛トレーサビリティシステムの導入
平成16年4月
盛岡駅フェザン店開設
平成16年6月
十代目社長・金濱孝造
平成16年7月
焼肉レストラン「銀河離宮」開店
平成16年10月
食品衛生優良施設として厚生労働大臣表彰
平成18年6月
十一代目社長・杉村隆司
平成21年10月
シンガポールに向けいわて牛を輸出開始
平成22年6月
十二代目社長・小林英男
平成23年2月
創立50周年を迎える
平成23年5月
厚生労働省より「対米輸出食肉を取り扱うと場及び食肉処理場」として認定されました。
平成24年6月
十三代目社長・佐藤政典
平成26年6月
十四代目社長・村川健一