いわちくについて

  1. HOME
  2. いわちくについて
  3. 地域との取り組み

地域との取り組み

いわちくでは地域貢献の一環として、さまざまな取組みを行っております。
食に携わる企業として、食べることの大切さやおいしさを 地域の皆様と共に取組んでまいります。

「いわちく食育活動への取組み」

いわちくでは『いわて食育応援団』証認企業として、生ウインナー作り体験教室や、工場見学の提供、地産地消の推進などで地域の皆様へ食の大切さを伝えてまいります。

いわて食育応援団は“県民に対する食育に係る情報の提供”“ネットワーク会議と応援団相互の情報交換や交流及び食育活動への協力”“食育推進に係る普及啓発”などの食育活動を行うことにより、県民運動として食育のさらなる推進を図ることを目的とします。

岩手県公式ホームページ

いわちく銀河鉄道探険隊

次代を担う子供たちに“食べる”ことの大切さと美味しさを楽しく体験してもらう、という目的のもと「いわちく銀河鉄道探険隊」はスタートしました。
自然の中で、子供たちだけで過ごす2泊3日のプログラムの中には、食に関わるプログラムがふんだんに盛り込まれています。
普段から口にする機会が多い“ウインナー”や“ハンバーグ”の手作り体験では、作り方を学ぶ事はもちろん、安全に作るための衛生管理や美味しく食べるための秘訣を子供たちに伝えています。また、食べるマナーを身につけるのも立派な食育のひとつ。ディナー教室では、ナイフやフォークの使い方からパンの食べ方、スープの飲み方などを学びます。
いわちく銀河鉄道探険隊は過去18回開催され、約600名の子供たちに参加頂きました。
次代を担う子供たちへ、さらにその子供たちへ。いわちく銀河鉄道探険隊を通じ、「食育」への歩みは続いていきます。

いわちく感謝デー「いわちく大学」

昨年11月に開催された「いわちく感謝デー」。おかげ様で岩手県内をはじめ県外からも、たくさんのお客様に足を運んでいただけるイベントとなりました。
その中でも毎年参加枠がいっぱいになる人気コーナー「いわちく大学」。親子そろって参加できるこのイベントでは、いわちく社員の指導のもと、ウインナー作りを体験いただけます。親子での共同作業の後で食べる出来立てのウインナーは、格別の美味しさです。
親子のコミュニケーションも立派な食育のひとつ。今年も開催しますので是非参加してみてはいかがでしょうか。

よこまちわいわい子供村

八戸市の(株)よこまちとの共同企画「わいわい子供村」。(株)よこまちの社長を村長に、いわちくと両社で作り上げて来たイベントです。
(株)よこまちとの産直事業“南部ピュアポーク”の勉強から、そのお肉で作られるベーコンやウインナーのお話。飯盒炊爨を行い、手作りのカレーライスやピザを食べる。
いわちくの食育への姿勢にご賛同いただいている企業様との共同イベントは18回の開催を数え、多くの子供たちに食への思いを伝えています。